「今」の自毛植毛とは | 植毛で昔の自分に戻りませんか?コンプレックスとはおさらばです!
menu

「今」の自毛植毛とは

寒色の薬

自毛植毛の現在とは一体どういったものなのでしょうか?
2世紀以上から存在する自毛植毛の技術はどこまで進化したのでしょうか?
その進化の過程についてお話していこうと思います。

前述のように自毛植毛とは実は2世紀前には考えられていた技術なのです。
しかし、当時の技術では皮膚ごと移植するという手段でしか自毛植毛を行うことができませんでした。
時は流れて最新技術の一歩前。FUT法と呼ばれる、メスをつかって薄く頭皮を切り取り、そこから健康な毛株を選定し再度移植するという手法がとられていました。
しかしそれでは患者の頭皮にかかる負担が非常に大きいということで、FUE法と呼ばれる技術が確立されたのです。
そのFUE法というのは非常に素晴らしいもので、メスを使うこと無く自毛植毛を行うことができるという画期的なものです。

そのために、FUT法ではどうしても課題になっていた頭皮の傷はなくなりました。
FUE法はストローのような器具の付いた機械によって毛株を採取します、そうして採取された毛株はそのまま薄毛が気になる部分に移植されます。そのような素晴らしい技術を発明することができたのです。

またFUE法の非常に大きな魅力として、1回の植毛で全てが済むということです。
休日を一日潰すだけで髪の毛をまた生やすことができるのは魅力しか感じないのではないでしょうか?
実際にFUE法によって自毛植毛を行い、以前よりもより充実した生活を送っている人は多いです。
自分のコンプレックスが解消されるというのはやはり素晴らしいことですね。
あなたもその恩恵にあずかってみませんか?